すそわきが 臭い ショーツ 

MENU
彼にはバレてる!?
デリケートゾーンの気になる臭いケアに。
120日間の全額返金保証は今だけ!
ノアンデの公式サイトはこちらをクリック。



使っているショーツは大丈夫?臭いが強くなるNGショーツ、OKショーツ

下着姿の女性

デリケートゾーンはショーツを履いてパンツ・スカートも履いている部分なので元から通気性が悪く汗をかいてムレやすくなっています。
ムレやすいということは、臭いの元になる汗を分解する雑菌も繁殖しやすいということ。
臭いが強くなりやすい条件が整っているので、履くものも選んで対策をするのがベターです。

 

 

ではどんなショーツがNGでどんなショーツがOKなのでしょうか?

 

まずNGショーツと言うのは素材が化学繊維であるもの。
ナイロンなどの素材は通気性が悪いのでムレやすくなっています。

 

またショーツ以外にも締め付けの強いジーンズや体にぴったりフィットするようなパンツスタイルはデリケート部分に空間がないためムレやすくなります。

 

逆にOKなのは素材が綿やシルク100%のもの。
通気性が良いので汗・臭いもこもりにくくなっています。

 

パンツスタイルでもあまり締め付けの強くないガウチョパンツやゆったり目のボトムのほうがムレにくいでしょう。
スカートも臭いがバレてしまいそうで避けてしまいがちですが、ふくらみのあるようなスカートであればむしろボトムよりも通気性が良いので臭いは軽減されます。

 

 

臭いが強くなるのは夏よりむしろ冬

 

暑い季節は服の素材や作りも熱を発散させるような工夫がされているので、汗にさえ気をつければ臭いはそこまで強くなりません。

 

 

ですが、気をつけたいのは冬場。
冬服は熱を逃がさないような作りになっているので、気づくとデリケートゾーンがムレて臭いが強くなってしまうことがあります。

 

 

冬に薄着では風邪の元になるので寒い時期こそ下着で調節したいところです。

毛を剃ると臭いが減るって本当?

 

デリケートゾーンの臭いが強い人が毛を剃ったら臭いが減った、という噂があります。
毛を剃るくらいで?と思うかもしれませんが、実際、毛を剃ることで臭いは軽減できます。

 

 

デリケートゾーンは先にもお伝えしたようにムレやすい環境です。
ムレる理由の1つには毛が密集していることも挙げられます。
密度が高いところには熱がこもりやすくなっていて汗もかきやすいためです。
都会のビル群のある街は熱がこもりやすいのと同じような理屈ですね。

 

 

だから、その毛を剃ってしまえば熱はこもりにくくムレにくくなり、臭いも軽減されるのです。

 

 

また海外の女性は雑菌の繁殖を防ぐためにデリケートゾーンの毛を剃ってしまう方が多いようです(ハイジニーナ)。
日本ではまだあまり一般的にはなっていませんが、脱毛サロンに行くとデリケートゾーンのVIO脱毛でハイジニーナのメニューも増えてきました。

 

 

毛を剃るだけで臭いが軽減できるならお金もかからないのでお手軽な対策ですね。
ただし、自分でやると剃った肌が黒ずむこともあるのでそのためのケアも併せてやりたいところです。