すそわきが 洗い方 お風呂

MENU
彼にはバレてる!?
デリケートゾーンの気になる臭いケアに。
120日間の全額返金保証は今だけ!
ノアンデの公式サイトはこちらをクリック。



気合いを入れてゴシゴシ洗い!はNG!?もしかしたら臭いが強くなってるかも

バツ印を作る女性

 

「もしかして私臭ってるのかも・・」
これまであまり意識していなかったけど。
よく確認してみると何だか臭っているような気がする。
臭いと友達や彼氏にも嫌われちゃうかも!!
お風呂に入ったらしっかり洗わないと!!

 

 

そう思ってお風呂で力いっぱいゴシゴシ洗ってしまう。
丁寧に入念に隅々まで、中まで指を入れて洗おうとなんてしていませんか?

 

実はこの洗い方は臭いを落とす上で一番やってはいけない洗い方です。
デリケートゾーンはあなたが思っている以上に敏感な部分。
一歩間違えると感染症にもなるので注意しなくてはなりません。

 

力いっぱい丁寧に洗うと膣内の良い菌が流されてしまう。

 

女性の膣内には常に弱酸性に保つための良い菌が住み着いています。
外部からの悪い菌を退治したり健康に保つために大事な菌です。
中まで指を入れて石鹸で洗えば、これら良い菌まで洗い流されてしまって、膣内の健康バランスが崩れてしまいます。

 

 

そんな状態で外部からの悪い菌が入ってきたらどうなるでしょう?
細菌性の炎症を引き起こしかねません。
いくら臭うからといって神経質になって洗いすぎるのはNGです。

 

 

洗いすぎで更に臭いが強くなる!?

 

また洗いすぎで臭いがきつくなることもあります。
力を入れてゴシゴシ洗うと、そこの皮膚が傷ついてしまいます。
傷ついた場所を体はその部分を治そうとしますがこの時にその部分は一時的にアルカリ性になります。

 

 

すそわきがの場合、アポクリン汗腺から出る汗を分解して雑菌が増えて臭いが強くなります。
この雑菌がアルカリ性を好むので、洗い過ぎは繁殖を促して臭いを強くしてしまうのです。

あそこの洗い方で大切な3つのポイント

 

汚れを洗い流す。

 

汚れはシャワーで洗い流すだけでその80%は落ちてしまうと言われています。
強く洗うのではなく、まずはシャワーを当ててデリケートゾーンの汚れを洗い流すようにしてみましょう。

 

 

指で軽くさするように洗う。

 

洗う際は指の第一関節あたり、指の中腹を使いましょう。
デリケートゾーンは複雑な作りになっているので、恥垢と呼ばれる垢やおりものやトイレットペーパーなどが溜まりやすくなっています。
泡立てた石鹸でデリケートゾーンを包み前後にさするように洗います。

 

 

この時に決して爪を立てたりしないようにしましょう。
デリケートゾーンは皮膚も薄く敏感なので傷つきやすいです。注意しましょう。
タオルで洗うのもOKですが柔らかい素材を選びましょう。

 

 

石鹸は弱酸性が理想

 

臭いの元になる雑菌はアルカリ性を好みます。
石鹸もアルカリ性のものだとその雑菌が繁殖する場合があります。
できるなら弱酸性の石鹸が理想です。

 

 

デリケート部分の臭いや汚れを落とすための専用石鹸を使うのもおすすめです。
LCラブコスメティックのジャウムハーバルソープが有名です。
普通の石鹸よりも少し高めですが保存料や安定剤が含まれていなくて自然素材の石鹸のため肌への負担も少ないです。

 

 

デリケートゾーンの臭い対策に石鹸を使いたい、という方にはおすすめでしょう。
LCラブコスメティックのジャウムハーバルソープの公式サイト
↓↓
ジャムウ

 

 

石鹸で洗ったあとは残らないようにシャワーで落とすようにしてください。
デリケートゾーンはムレやすかったり汚れが溜まりやすい部分でもあります。
かと言って神経質になって洗いすぎるのは禁物。
上記のポイントを抑えて、洗い過ぎないように、でも丁寧に洗いましょう。